2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ぃや~ん僕の大事なところ!

DSC02994.jpg

一昨日だったかな?

風の強い日に大事なキュウリ君を見たら こんな感じ

おかげで強い風が吹いてもビクともしなくなりました。

食べられる大きさになりましたが どのくらいまで成長するか見たくなったので

放置決定

2~3つ子分ができたので 食べるならそちらにします。

今カミナリが遠くで鳴っています。

もうすぐ雨カナ?

わたしがまだ小学校前の時 目の前に(正確には右横)カミナリが落ちたことあるんですヨ。



 



カミナリ話

神楽坂(千代田区)を母と歩いていたんです。(4歳~5歳の頃)

坂の途中で急に黒い雲が立ちこめだして

急に本当に急でした。

目の前に目が焼けるような光が 左ななめ上から目の前を横切っていったんです。

わたしの左(車道側)には母がいて 右には確か呉服やさんか布団やさんが日除けにおおきな

のれん状の布が垂れ下がげていました。

びっくりして立ち止まったら 焦げ臭い匂いがしてきました。

ふと右を見るとのれん状の布が フチを黒くして丸く抜け落ちていました。

わたしは 実父の兄(叔父)が茨城で落雷に遭い亡くなっているので カミナリは異常な恐怖感を持っています。

この歳になってあまり怖がるのも恥ずかしいので 表面的には「あっ カミナリだ」ぐらいですが

心の中では布団をかぶって丸まっていたい心境です。

本当に近いところに落ちるカミナリは 光と音が同時です。

地響きがします。

実母はもう今は記憶が曖昧ですが よくその神楽坂でのカミナリ話をしていたので

わたしは未だに忘れていません。

そのうち忘れそうなので ここに記録しておきます。

よく生きてられました。間一髪とは このことです。






DSC02986.jpg

先週の作品 フチに付けたレースも編みました。

昨日は1日 m¥300の生地で

DSC02999.jpg
底の形を変えて
DSC03009.jpg

中はこんな感じでポケット付けました。

DSC03007.jpg

2種類出来上がり


 
スポンサーサイト
.31 2010 手作り日記 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tesigoto8ume8ya8.blog109.fc2.com/tb.php/9-0113b00c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。